NEWS 08 Jun 2020-TOPICS

熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト アンバサダー就任!

完全予約制で2年待ち、場所は非公開の“幻の焼肉店”と呼ばれるクロッサムモリタのオーナー森田隼人氏と、

高級宿のお取り寄せ食材など、厳選グルメECサイト・TASTE LOCAL代表 篠塚孝哉氏がタッグを組み、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、出荷することができなくなった熊本の最高級黒毛和牛を販売するプロジェクト「熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト」に、黒木啓司が参画。

九州とアジアを盛り上げるプロジェクト“THE NINE WORLDS”の想いと重なり、同プロジェクトのアンバサダーを務めている。

森田氏とミシュランビブグルマンを獲得した焼肉店を経営する“たなか畜産”で育てられたブランド牛「もりたなか牛」のほか、一般流通されないクラスの肉を使用したステーキや焼肉セット、ローストビーフなどが販売されている。

「僕も大好きな熊本・天草で育っためちゃくちゃ美味しい黒毛和牛を、皆さんにお買い求めいただき、一緒に熊本・九州を盛り上げていければと思います」(黒木)

◆TASTE LOCAL
https://taste-local.net/news/5ed7c8d455fa03227948651d

【THE NINE WORLDSとは?】
九州・宮崎県出身の黒木啓司がエンタテインメントで、九州・アジアを盛り上げるプロジェクト。
EXILE / EXILE THE SECONDのパフォーマーとして、これまでに培ったエンタテインメントを、出身地でもある九州により浸透させ、九州を起点に音楽、ファッション、飲食、クリエイティブを日本中、そしてアジアへと伝播させていく。
黒木啓司プロデュースにより、若い世代の夢を叶える場所、仕組みを作り上げ、地方創生、貢献活動にも力を注ぐ。

■THE NINE WORLDS公式サイト
https://www.9w-ldh.com/